設計の試行錯誤を変えた、新たな熱流体解析ソフトウェア

ホーム > 事例紹介 > 厳選!解析事例集(建設業一覧) > 体育館温熱環境解析

体育館温熱環境解析 建設業 厳選!事例紹介

動画あり
  • 建築
  • 屋内解析
2015-05-12

空調の吹出方向の違いで室内の温度分布に変化はあるのか?今回は観客数8,300名を収容できる体育館内の温熱環境を検討しました。

 解析概要

目的

夏の冷房能力が人・機械などの発熱に対して十分であるか、フロアおよび観客席の温度分布に注目する。

ケーススタディ

空調の吹出流量と温度は一定として、吹出方向のみを変更したときに効果があるかを検証する。なお、吹出方向は次の2パターンで検証する。

パターンA:中央に向かって吹き出す

館内全体図:中央に向かって吹き出す

パターンB:斜め45度に向かって吹き出す

館内全体図:斜め45度に向かって吹き出す

吹出口拡大図:中央に向かって吹き出す

吹出口拡大図:斜め45度に向かって吹き出す

解析モデル(全体図・流出入条件)

体育館の内部のみを解析の対象とする。大きさは106×96×30立方メートル。
空調78ヶ所を流入条件として、観客席・フロアの各出入口、天井部排気ファン・開口を流出条件として設定。

体育館の大きさは106×96×30立方メートル

空調78カ所を流入条件として設定

観客席・フロアの各出入口を流出条件として設定

天井排気ファン・開口を流出条件として設定
(赤線実線:天井排気ファン。赤線点線:天井開口)

解析モデル(発熱条件)

室内の発熱条件として「人体」「機械」「照明」の3点をモデル化する。

●人体発熱
エリア 一人当たりの発熱量 人数
観客席部分 65ワット 8300人分を面積配分
フィールド 120ワット 25人を想定
●機械発熱
図中央上部にある天井付モニターの水色部分の表面温度を60度に設定
●照明発熱
天井部にあるオレンジ色の照明の表面温度を60度に設定

果たしてFlowDesignerの解析結果は…?!

AとBのパターンでどのような違いがでたのか。なんと吹出方向によって空間全体の平均温度が異なるとわかりました!

この解析結果(PDF資料)はダウンロードできます。
希望のお客様は下記をご記入の上、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

は入力必須項目です

お名前

お名前が入力されていません

会社名・大学名

会社名・大学名が入力されていません

メールアドレス

メールアドレスが入力されてないか、形式が不正です

 フリーメールアドレスはご遠慮ください

電話番号

複数の資料をご希望される場合は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

info@AKL.co.jp

※件名に「事例資料請求」とご記入ください

03-3225-9800

※受付時間 平日9:00〜18:00

ページのトップへ

  • 建築業 意匠設計 FlowDesigner体感セミナー 設計データをそのまま活かせる! BIMと連係した流体解析ソフト。全国で開催!詳しくはこちら
  • 製造業 電気・機械 FlowDesigner熱設計セミナー 試作実験の回数を最小化できる!逆解析で改善ポイントを可視化!全国で開催!詳しくはこちら

製品・サービスのお問い合わせ

製品・サービスのお問い合わせ

FlowDesignerや各種サービスなどお気軽にお問い合わせください

製品・サービスのお問い合わせ

 

パンフレットダウンロード

よくある質問

製品別によくある質問と答え(FAQ)をまとめました。

解析動画集

FlowDesignerによる解析例を動画でご覧ください。

お客様の声

FlowDesignerを使用したお客様からの感想です。