設計の試行錯誤を変えた、新たな熱流体解析ソフトウェア

ホーム > 熱設計トレーニング > 【基礎編】2.1 自然対流熱伝達(1)垂直平板 - 理論式

基礎編2. 対流2.1 自然対流熱伝達(1)垂直平板

理論式

Q2 計算式と計算解

一般に対流熱伝達の場合の熱抵抗Rncは次式で表されます。ここにhnc、Sはそれぞれ自然対流の熱伝達率と物体の表面積です。

自然対流の熱伝達率hncは大まかに1〜10 W/m2・Kの値を持っています。この値は、物体の高さHや周囲空気との温度差ΔTで変化し、物体の高さHが小さいほど、また温度差ΔTが大きいほど大きな値となります。
 垂直平板の自然対流熱伝達率hncは、文献を参考にして計算することができます。
 この問題の場合、(a) hnc=8.43[W/m2・K]、(b) hnc=7.34[W/m2・K]、(c) hnc=6.39[W/m2・K]となります。(※ 参考文献:横堀、久我共訳、ギート基礎伝熱工学、丸善、第7刷(1984))



 熱抵抗Rncと体積発熱量Q、雰囲気温度Taより、平板温度Tpを次式で計算できます。



→Q2に戻る
この解説の問題に戻る 目次に戻る

ページのトップへ

  • 建築業 意匠設計 FlowDesigner体感セミナー 設計データをそのまま活かせる! BIMと連係した流体解析ソフト。全国で開催!詳しくはこちら
  • 製造業 電気・機械 FlowDesigner熱設計セミナー 試作実験の回数を最小化できる!逆解析で改善ポイントを可視化!全国で開催!詳しくはこちら

製品・サービスのお問い合わせ

製品・サービスのお問い合わせ

FlowDesignerや各種サービスなどお気軽にお問い合わせください

製品・サービスのお問い合わせ

 

パンフレットダウンロード

よくある質問

製品別によくある質問と答え(FAQ)をまとめました。

解析動画集

FlowDesignerによる解析例を動画でご覧ください。

お客様の声

FlowDesignerを使用したお客様からの感想です。